どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

薬剤師求人比較 総合ランキング

さまざまなキャリアの可能性のある薬剤師有資格者。以前から薬剤師の採用を続けてきた調剤薬局や製薬メーカーなどだけではなく、インターネットコマースやドラッグストアが台頭してきたことで、薬剤師資格保有者を求める企業は年々増え続けています。その増大した求人需要に対応して、薬剤師専門の転職情報サイトも近年になって急激に数を増やしてきました。

しかし、多くの転職情報サイトが乱立されたために、求人情報を求める薬剤師にとっては多すぎる情報の選別に苦労をする時代になったとも言えるでしょう。贅沢な悩みと言う人もいるかもしれませんが、就職は一生に関わる重大なライフイベントです。少しでも条件の良い、自分にあった職場を選びたいですよね。

私たちは、薬剤師のみなさんの転職活動の一助となれるよう、薬剤師専門転職情報サイトをさまざまな観点から比較・研究し、独自評価に基づくランキングを作成しました。また、一般の業界とは少し異なる薬剤師ならではの転職情報もお届けしていきます。

最新情報

ランキングベスト5はこちら

転職に失敗しないためのポイント

転職に失敗してしまう人の多くには、ある共通点があります。それは「じっくり転職先を選ばなかった」という点です。人生を左右する大切な転職なのに、慎重さを失うことなんてあるのかと疑うかもしれませんが、それは実際によくある話なんです。転職先を冷静に見極め、失敗を避けるためには、以下の3つのポイントを守ってください。

まず1つ目は「辞めてから転職活動をしない」こと。現職からの収入が絶たれてしまうとどうしても気持ちに焦りがでてきてしまいます。1日も早く就職先を決めたくなってしまい、冷静さを失う大きな原因となります。また、面接の際にも「元の職場が嫌だっただけではないか」とネガティブに捉えられてしまうことも少なくありません。やむを得ない理由がない限りは、いまの仕事を続けながら転職活動をすることをおすすめします。

次に2つ目のポイントは「即決しない」ことです。薬剤師人材は業界全体として不足しているため、1回2回の面接であっさり内定が出ることも珍しくありません。そんなとき、「この場で決めてください」と迫られて、押し切られて入社を承諾してしまうのは後悔の元です。その場では「家族とも改めて相談したい」といった理由を告げ、回答を伸ばしましょう。内定を告げられるとどうしても舞い上がってしまいがちですが、一度面接の場を離れて冷静に考えた方がよい決断が下しやすいものです。できれば、複数社の選考をうまく調整しながら進め、同時期に複数の内定を得て選べる状態にしておきたいですね。

最後のポイントは、「身近な人に相談する」です。現在の日本では転職がネガティブに捉えられやすいため、なかなか誰かに相談する機会を作りにくいですが、家族でも社外の友人でもかまいませんので、転職について第三者に相談をした方がよいでしょう。自分一人で考えていると視野が狭くなってしまいがちですが、誰かに話すことで客観的な視点を得ることができます。

以上が転職に失敗しないための3つのポイントです。なんだそんな簡単なことかと思われるかもしれませんが、実践できている人は意外なほど少ないのです。これらをぜひ実践して、自信をもって成功だと思える転職活動をしてくださいね。

最新!人気記事ランキング

お悩み相談