どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。
薬剤師求人サイト、転職エージェント ランキング 全国版 > お悩み相談 > アナログな薬局を辞めて、ITを活用する先進的な薬局へ転職したい

アナログな薬局を辞めて、ITを活用する先進的な薬局へ転職したい

お悩み

自宅近くの調剤薬局に勤めています。会社が非常にアナログであるため、ITを活用するような先進的な薬局への転職をしようかと考えています。具体的には薬袋は手書きですし、レセコンや計数器以外はほぼアナログです。徒歩圏内の薬局で通勤には不満が無いのですが、機械好きの私にとって、会社の社風が合わないように感じます。ただ、どこに行っても変わりはないと言われるのも事実です。やはり転職するべきでしょうか。

回答

確かに設備に関しては不満があるというのも分かります。ただ、働く上で大切なことはそれだけではありません。アナログである点は慣れてくれば問題ありませんが、業務の内容は慣れればいいというものではありません。薬剤師としての知識を活かしつつ、スキルアップを図ることができるようなところでしょうか。例えば、新薬が出たらメーカーに頼んで勉強会を開くとか、地域の薬剤師会の勉強会に積極的に参加をするとか、社員の知識向上に積極的でしょうか。大学生の実習を積極的に受け入れたり、認定薬剤師を取ったら評価が上がったりしていますか。薬は日々変化をしていますので、常に新しい知識を得ることが大切だからです。他には、働く環境はどうでしょうか。働くことを楽しめるような環境でしょうか。いくら仕事内容がよくても、働く人と合わない、激務で余裕が持てない、スキルを活かすことができないなど、不満を感じるのであれば、転職を意識するのも仕方ないかもしれません。また、扱う処方箋が単科であったり、服薬指導が浅いものだったりすれば、転職を考えるのも良いかもしれません。確かにITを活用することはステキなことですし、時代に合っていることかもしれません。多くのところで導入されているのも事実です。ただ、アナログであることが不満と言う理由だけで転職を考えるのは浅はかではないでしょうか。客観的に働く現場を見て、本当に転職すべきかどうかを考えてみてはいかがでしょうか。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

お悩み相談