どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

薬剤師に定年は存在しますか?

お悩み

薬剤師に定年は存在するのでしょうか。時々利用している調剤薬局でかなり年配の女性がいるのですが、特別仕事がスピーディーなわけではなさそうですし、むしろ他の人よりも時間がかかるのではないかという印象です。それに普通の企業であれば定年をはるかに超えているのではないかという容姿なので、本当にこの人で大丈夫なのか不思議になりました。だから、薬剤師は定年と言うものが無いのだろうかと疑問に感じたので質問をしてみました。

回答

基本的に定年と言うものは、企業が独自で決めるものです。一般的には60歳とか65歳を定年としているところが多いかもしれませんが、それも企業によって違いがあります。だから、薬剤師だから定年がないというより、その企業が定年を定めていないということではないかと考えられます。実際に65歳を超えても元気いっぱいで現役バリバリに働いている人は、薬剤師以外の仕事でも、世の中に沢山います。他の理由としては、薬剤師の役割が変化したことです。現在は一種の薬に関しては、販売する時に薬剤師の説明が必要になりましたので、常時薬剤師が勤務している職場も増えています。以前であれば1人でも薬剤師がいれば薬の販売ができたのですが、現在では薬剤師がいなければ一種の薬を販売できないのです。様々な条件により、都会でも薬剤師不足ということもあるようです。だから、少しでも多くの薬剤師を探しているようですし、求人も本当に沢山確認することができます。そう考えると、薬剤師は仕事を続けることが出来る環境であると考えても良さそうです。年齢を重ねても働くことが出来る薬剤師という仕事は、長く仕事をしたいと考えている人にとっては良い仕事と言えるかもしれません。ご覧になった女性は本当に年齢を重ねているかどうかということは分かりかねますが、現役で薬剤師をされていて、特に問題なく仕事をしていると言うことであれば、かなり経験がある方なのかも知れませんね。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

お悩み相談