どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

転職前に知っておきたい病院薬剤師の仕事内容

薬剤師の職場は主に病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社の4つがあります。
同じ薬剤師の仕事でも職場によって仕事内容が異なっています。
病院薬剤師の仕事内容は入院されている患者さんや外来患者さん一人ひとりの症状に合わせて調剤を行うのが主な仕事となっています。
お薬を処方する際、患者さんに正しい薬の使い方や注意点を説明するのも病院薬剤師の大事な仕事内容です。
処方せんの内容について確認を行うことを鑑査と呼び、医師に処方せんについて問い合わせて確認を行うことを疑義照会と呼びます。

他にも薬歴管理も大事な病院薬剤師の仕事内容です。
患者さんが復数の診療科にかかっている場合、各診療科での処方せんが適切であっても飲み合わせが悪い薬もあります。
飲み合わせによる副作用を防ぐため、薬や療法の情報を集めて管理を行うのが薬歴管理という仕事です。
薬歴簿には患者さんがぞれぞれ服用した薬の量や服用期間、薬の服用によって得られた結果や副作用といった情報が集約されています。
副作用を防ぐための大事な仕事であるため、必ず知っておきていただきたい病院薬剤師の仕事内容です。

製剤業務も病院薬剤師の仕事のひとつで、病院での製剤業務は院内製剤と呼びます。
院内製剤は文字通り病院内にで調製を行うことで、患者さん一人ひとりに合わせて調製を行います。
市販の薬を服用しても効果がない場合や、そのままの状態では治療に使用できない場合、薬剤師が調製を行うことで薬物治療の効果を向上させます。
また、注射調剤業務も病院薬剤師の仕事で、注射は薬と違って直接投与するので効果が強いため、患者さん一人ひとりの症状に細かく合わせて調製を行います。
他にも医薬品の管理をするのも病院薬剤師の大事な仕事で、徹底した品質管理を行うことが求められます。
病院薬剤師の仕事内容はここに紹介した限りではありませんが、薬剤師であるため調剤が基本的な仕事となります。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

お悩み相談