どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

ドラッグストアで勤務する薬剤師の年収は?

薬剤師がドラッグストアで勤務する場合の年収は

ドラッグストアで勤務する薬剤師の年収を見てみると、新卒で、大手チェーン店に勤務している人の場合、平均月収は25~35万円くらいで、賞与のほか、薬剤師手当が5万円から10万円くらい付くため、年収は350~450万円のようです。

ドラッグストアで勤務する薬剤師全体の年収としては、400~700万円くらいと考えれば良いみたいです。

調剤併設店舗の勤務のほうが給与が高く、これは、調剤併設店舗だと調剤業務のほか、日用品やサプリなど、医薬品以外の健康食品を幅広く扱い、さらに相談の受付など、健康全般に関する知識・スキルが求められるためのようです。

また、24時間営業のドラッグストアだとやはり給与が高くなりますが、こうしたところだと勤務時間が長く残業も多いため、と思うかもしれません。
実際は、ドラッグストアの場合薬剤師が毎日いる必要はないことから、週休2日制で残業も無し、というところが多いものです。

ドラッグストアで勤務する薬剤師の課題とメリットは

ドラッグストアの場合、病院や調剤薬局と比べて仕事の内容は調剤や服薬指導だけでなく、レジや品出し、清掃など雑用も多い仕事となります。

ただ、高齢化社会が進む中、在宅医療、セルフメディケーション(自己治療)などがさらに広まることに伴い、ドラッグストアの薬剤師は患者に直接触れることが多くなり、一番身近な薬剤師として活躍の場も多くなるでしょう。

ドラッグストアは、M&Aや多店舗展開に力を入れているところも多く、これに伴う薬剤師の人手不足から、給与水準も高くなる傾向です。

24時間営業の店舗の場合、日祝祭日、年末年始の勤務や遅出もありますが、新卒の採用も積極的に行っていることから、シフトの希望も受け入れてもらいやすく、決して勤務条件は厳しくありません。

ドラッグストアはOTCのほか、日用品など幅広く扱うことから診療報酬改定の影響を受けづらいので、調剤薬局と比べても経営が安定する、ということも給与が高くなることに繋がります。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談