どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。
薬剤師求人サイト、転職エージェント ランキング 全国版 > 薬剤師転職のポイント > ドラッグストアへの就職を考えている薬剤師にとって大事なのは

ドラッグストアへの就職を考えている薬剤師にとって大事なのは

薬剤師がドラッグストアへの就職を考えたのなら

ドラッグストアは求人が多いことから、就職を考える薬剤師も多いみたいです。

ドラッグストアの場合、病院や調剤薬局と比べて給与が高く、OTC医薬品の知識も得られるのが魅力です。
半面、薬の販売以外、雑用が多く、勤務時間が長くて残業も多いのでは、と思うかもしれません。

確かに、ドラッグストアは調剤薬局と比べれば残業が多く、勤務が夜遅い時間まで続くことが多いのは事実です。
これは、各店とも売り上げノルマがあり、また、薬剤師の場合、調剤薬局と比べて扱う商品数が多いことがあります。
また、調剤施設が無いドラッグストアの場合、レジ打ちや品出し、その他雑用も多くなるようです。

逆に、その分、給与にも反映されるわけで、多少仕事がきつくても高収入を得たい、というのならドラッグストアは向いているでしょう。
また、OTC医薬品の知識以外、商品数もタスク量も多いので、こうした状況でしっかり仕事ができるようになれば、キャリアアップに繋がります。

ドラッグストアで薬剤師としてキャリアアップするためには、どのような条件で働き、どのようなスキルを身に付けていきたいか自分キャリアプランを明確にすることも大事です。

ドラッグストアの薬剤師のメリット、デメリットは

実際は、ドラッグストアの勤務時間が長いかどうかは、店舗にもよります。

店舗によっては、時間に応じて薬剤師不在の表示をして営業したり、登録販売者に販売を行わせるなどして対応するところもあります。
ただ、やはり多少は残業はあるみたいです。

プライベートも充実させたいのなら、実際の勤務時間はどれくらいか、シフトはきちんと組まれるのか、休日出勤は多いのかなどをよく確かめてから応募することです。

チェーン店の場合、転勤があるのでは?と思うかもしれませんが、いきなり遠くの店舗への転勤を命じられることはまずないと考えて良いでしょう。
むしろ、自宅近くの店舗への配属など、希望を受け入れてくれるところが多いものです。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談