どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

病院で勤務する薬剤師の役割と、その将来性は

病院の薬剤師の役割は

病院の薬剤師の業務は、調剤業務のほか、製剤業務、注射調剤業務、注射薬混合調製業務、さらに外来化学療法室、他にもいろいろとあり、実に様々です。

調剤業務は、医師の処方せんに基づき、院内の患者の薬を調剤する入院調剤と、外来患者向けの薬を調剤する外来調剤と、があります。

製剤業務は、薬物治療で、通常の薬で効果が得られない場合や、市販の薬の形のままでは使用が難しい場合などに、個々の患者に合わせて薬(院内製剤)を調製します。

注射調剤業務は、処方せんを基に入院患者一人一人に使用する注射薬を1回分ずつ調剤します。
注射薬混合調製業務は、アンプルやバイアルに入った注射薬を点滴の中に混ぜ、患者にすぐに使用できるようにする業務です。

これ以外にも、がんの治療は外来での治療が進んでいることから、外来で抗がん剤を点滴する外来化学療法室でも、薬剤師が、レジメン(抗がん剤治療の計画書)チェック、抗がん剤の調製、抗がん剤治療の説明や副作用の確認、医師への処方提案などで、がん治療に深く関わっています。

病院の今後と薬剤師のやりがいは

病院の薬剤師は、薬局と比べ、カルテに従って患者と対面しながら服薬指導を行うなど、患者と密接に関わることになり、医療の最先端の現場で活躍している時間が得られ、やりがいにもつなります。

処方せんを見て、なぜこの薬が使用されるのかカルテを見てチェックすることで、患者の治療や体調、薬の経過も良く把握できます。
病気と薬の関係がさらによく分かるようになり、スキルアップにもつながります。

また、診療報酬の改定で「病棟薬剤業務実施加算」が打ち出されたことに伴い、医療の質を高めようとする病院も多く、薬剤師の役割もさらに重要となってきます。

病院での経験を積むことで、管理薬剤師などの役職にキャリアアップする可能性も上がり、医療人としてキャリアアップを目指すなら、病院薬剤師は理想的な職種とも言えます。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談