どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

管理薬剤師を目指す人が知っておくべきことは

管理薬剤師を目指す人のために

管理薬剤師は、薬剤師でも、薬局などの店舗で、製造業の場合拠点毎に、薬事法に基づいて在任が義務付けられている責任者です。

主な業務内容は、薬事管理、品質管理、情報提供、教育研修の4つがあります。
薬事管理は、薬事法に基づいて医薬品の保管・販売が行われているか管理・チェックを行います。

品質管理は、医薬品の保管状態の確認や帳簿類の管理、また有効期限の管理などを行います。
情報提供は、顧客からの問い合わせに対応したり、MSに新薬などの情報提供を行います。

これ以外、他の社員に薬の取り扱い方などの研修を行ったり、シフトの調整なども行います。

管理薬剤師になるのに大事なことは

管理薬剤師の場合、金銭管理や経営者との協議など、経営管理にも携わりますし、医療機関・他薬局との連携、メーカー・卸への対応など、対外活動も行います。
薬局の規模によっては、経営を任されることもあります。

管理薬剤師の仕事は、通常の調剤業務の他、多岐にわたり、様々な人と接することになるので、求人でも、3年以上の実務経験を求められることが多いようです。
調剤薬局の場合、薬事法や薬剤師法などに関する法律、さらに医療保険に関する知識も必要で、これに加えて従業員への指導能力も求められます。

ただ、基本的には薬剤師の資格があれば誰でも携わることが出来ますし、経験が浅くても、知識・経験を積むことでさらに成長を目指すことが出来ます。
管理薬剤師の求人でも、薬剤師資格の他に特別に管理資格を求められることはありません。

まずは責任感、向上心、コミュニケーション能力を持つことが大事で、これに加え、管理、また経営者としての能力も必要となります。
特に医師・メーカー・卸業等の対外関係も重要なので、コミュニケーション能力は必須となります。

未経験、新卒でも管理薬剤師として雇用される場合もあり、実際に業務に携わりながら知識を身につけて行く人も多いものです。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談