どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

薬剤師が薬局で勤務する場合の年収は?

薬剤師の、薬局での年収は?

薬剤師が薬局、いわゆる調剤薬局で勤務する場合、平均年収としては、厚生労働省の調査によると管理薬剤師で750万円くらい、一般薬剤師で450万円くらいとなっています。
これで見ると、管理薬剤師と一般薬剤師では、年収で結構差があることが分かります。

また、薬局の店舗の規模でも差があるみたいです。
1店舗の場合、管理薬剤師の年収は900万円を越える場合もありますが、薬局の規模が大きくなるほど年収が下がり、20店舗以上の薬局の場合600万円くらいとなっています。
1店舗だけの薬局の場合、管理薬剤師とオーナーを兼任しているケースも多く、人件費がかからないこともあるようです。

これと比べ、一般の薬剤師の場合、2店舗以上の薬局だと400万円くらいですが、1店舗のみの薬局の場合、年収400万円以下となっているところが多いようです。
これは、家族で薬局の経営を行っていて、世帯収入として収入を調整していることなどもあるみたいです。

薬剤師が薬局で勤務する場合の大事なことは?

調剤薬局で勤務する薬剤師全体の年収としては、400~650万と考えればよいみたいです。
ただ、40代後半でも年収600万円くらいという薬剤師も多く、調剤薬局の薬剤師は昇給しにくいと言われます。

それにも関わらず、調剤薬局への就職を希望する人は多く、長年調剤薬局での薬剤師を続けている人も数多くいます。

これは、やはり薬剤師は景気の影響を受けにくく、収入が安定し、また働きやすいということがあります。
また、個人医院の門前薬局の場合、完全週休2日制、残業なしも多く、プライベートも充実させやすいものです。

大手チェーン系でも、長年勤務することで賞与を出したり、希望する勤務地で仕事できるところが多いものです。
こうしたところが薬剤師という仕事が人気のある理由でしょう。

年収アップを目指すのなら、管理薬剤師などの役職にキャリアアップすることでより優遇され、より高待遇のところへ転職することも可能です。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談