どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。
薬剤師求人サイト、転職エージェント ランキング 全国版 > 薬剤師転職のポイント > 薬剤師が薬局に就職する際のポイントと注意点は

薬剤師が薬局に就職する際のポイントと注意点は

薬剤師が薬局に就職を考えたのなら

調剤薬局での薬剤師は、調剤業務、服薬指導、薬歴管理が主な仕事となります。

この中でもメインとなるのは調剤業務で、通常は一日に40~60枚くらいのところが多いようですが、忙しい薬局だと一人で1日100枚もの処方箋を処理するようなところもあるみたいです。
また、処方箋数が少なくても、複雑な調剤が多い薬局だと、結構忙しくなります。

それでも、病院やドラッグストアと比べれば、仕事の負担は比較的軽く、収入も安定しているので、仕事とプライベートを両立させたい人には魅力的です。
また、調剤薬局の求人は多いので、自分の希望に合った職場を選びやすいものです。

ただ、薬剤師が一人だけだと休みが少なく、却って病院やドラッグストアと較べても勤務条件が厳しくなる場合もあります。
また、病院の門前薬局なら、対応する科目も限られますが、総合病院の門前薬局の場合、幅広い知識が必要となり、日々の勉強を強いられます。

大規模の薬局チェーンの場合、転勤の可能性もあります。

薬局に就職する際の、就職先選びのポイントは

薬局に就職することを考えた際、薬局ごとに勤務状況はかなり違うので、どのような薬局なのか、事前によく確かめるのが大事です。

規模の大きい門前調剤薬局以外は、薬剤師の数も少なく、女性がほとんどで、日々同じ顔触れで仕事することになります。
人間関係が良好な職場も多いのですが、場合によっては人間関係に悩むことになる可能性もあります。

仕事しやすい薬局に就職したいのなら、できれば事前に職場見学をして、雰囲気をよく確かめることです。
大手調剤薬局チェーンなら、どうしても職場になじめない場合、会社に申し出て別店舗に移動させてもらう方法もあります。

調剤薬局の業界も調剤報酬の改定や異業種からの参入、M&Aなど動きが激しく、統廃合も進んでいるので、希望する就職先の将来性はどうなのか、動向も事前に把握しておいた方が良いでしょう。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談