どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。
薬剤師求人サイト、転職エージェント ランキング 全国版 > 薬剤師転職のポイント > 薬剤師の、病院への就職の際のポイントや注意点は

薬剤師の、病院への就職の際のポイントや注意点は

病院への就職を考える薬剤師にとって大切なのは

薬剤師にとって、病院は最先端の医療現場なので、就職を希望する人も多いようです。
ただ、医薬分業が進み、病院も経営の合理化を進めていることから、病院の薬剤師は欠員ができた時のみ募集するところが多いみたいです。

また、病院の薬剤師は高度なスキルが求められるので、修士課程修了者を希望するところが多いことから、今後的にも、6年制課程修了者の門戸が広まるものと見られています。

求人数が少ないため、早いうちから求人を探すことが大事で、また実務経験が必要かどうかも確かめることです。
正職員にこだわらず、準職員や嘱託などの形での採用も無いかどうかチェックしてみると良いでしょう。

病院の場合、ドラッグストアと比べれば給与は決して高くありませんが、仕事自体もきつくないので、あまり高給を望まないのなら、長く仕事を続けられる人も多いようです。

ただ、病院によってはシフト制で、遅出や深夜勤務もあるので、勤務形態も確かめる必要があります。
また、総合病院だと薬剤師の仕事も様々なので、自分が希望する職種に就くことが出来ない可能性もあります。

中にはいわゆるブラックな病院もあるので、幅広いところから情報を得ておくことです。

病院での薬剤師の課題は

病院への就職を考えるのなら、まず自分が何をやりたいのか明確にし、希望の仕事に就けるか確かめなければいけません。

仕事を通して知識の向上、スキルアップを目指すのなら、研修が充実し、勉強会なども積極的に行っている病院が良いでしょう。

また、病院でも英語力を求めるところが多く、就職試験でも英語による論文などを課題とするところがあるため、英語のスキルを持っておくと有利となるみたいです。

病院の薬剤師は競争が激しいことから、第一希望の病院に受からない可能性も考え、希望の病院以外の候補もいくつか持っておいたほうが良いでしょう。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談