どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。
薬剤師求人サイト、転職エージェント ランキング 全国版 > 薬剤師転職のポイント > 薬剤師の、薬局への転職を考えた際のポイントは?

薬剤師の、薬局への転職を考えた際のポイントは?

薬剤師が薬局へ転職を考えたのなら?

薬剤師が薬局への転職を考えた際、製薬会社やチェーン店に勤務した経験がある場合、たとえ調剤薬局での勤務が初めてでも、研究業務や接客など、自分の経験を活かせる職場を選ぶのが一つのポイントでしょう。

調剤薬局でも、数多くの処方があり、透析病院の処方や、他にも在宅業務やクリーンベンチでの混注業務など、様々な業務があるところだとスキルアップにもつながります。
様々な処方を扱う薬局だと、向上心のある人ならやりがいがあるでしょう。

病院などから調剤薬局へ転職を考えるのは、個人によって理由は様々ですが、やはり最体力的な問題や家庭環境の変化が多いようです。
親の介護の必要があり、自宅近くの薬局への転職を希望する、というケースもあり、自分が転職したい理由を明確にすることも大事です。

薬局へ転職する理由、目的を明確に

薬局の場合、他の職場に較べて年間の休みの日数は多く、特に、病院の門前薬局だと週休二日のところが多いものです。
このため、仕事と家庭を両立させたい人には向いていると言え、給与面でも、病院と比べれば比較的高いところが多くなっています。

また、ドラッグストアの場合、調剤業務の他、OTC医薬品の販売やレジ打ち、品ぞろえ、清掃なども行わなければいけませんが、調剤薬局だと本来の薬剤師としての仕事に専念できます。

こうしたところが、薬局への転職の魅力でしょう。

ただ、薬局によっては1日にかなりの数の処方箋を扱うところがあり、科目も内科のみ、皮膚科のみ等単一科目のところもあれば、総合科目を扱うところもあります。
こうした薬局だと結構忙しいものですが、より知識を深めたい、という人には向いていると言えます。

これ以外にも、薬剤師が一人だけの場合、意外と休日が少ないところがあったりします。
薬局への転職を考えた場合、まずは自分の転職理由を明確にし、希望に合った条件のところを見つけるのが大事です。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談