どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

薬剤師の転職で、製薬会社を希望するとしたら

製薬会社に転職する薬剤師の目的は

薬剤師が製薬会社への転職を考えた場合、その理由は様々でしょう。

調剤薬局やドラッグストアなどで投薬指導など様々な経験をするにつれ、何か新しい事にチャレンジしてみたい。
様々な相談に対応するうちに、新薬の開発にも興味を持つようになった。
薬を研究する最先端の場で仕事してみたい。
様々な病院を回って情報提供するMRの仕事に興味がある。

製薬会社の薬剤師には、様々な職種があるので、まずは自分の転職理由を明確にし、希望に合った職種を探すのが大事です。

また、調剤は一人でこなす仕事が多いものですが、製薬会社で仕事する場合、企業内の様々な部署の人や、他にも外部関係者とのチームワークで仕事をすることが多いので、コミュニケーション能力も大事となります。

製薬会社への転職を成功させるには

外資系の製薬会社で、新たに日本法人を立ち上げる、という場合、各部門を一から立ち上げるのに、部門を立ち上げる能力のある人を求めるところもあります。

こうした場合、ドラッグストアで勤務して新店舗立ち上げや店舗運営責任者の経験があればかなり有利となります。

製薬会社の求人は、即戦力を求めるところも多いので、応募の際は、自分がこれまでどのような業務に携わり、どんな経験・スキルがあるのか、自分のアピールポントをまとめておくと良いでしょう。

同じ製薬会社でも、本社、支社、工場、倉庫と、勤務する部署によって薬剤師の業務内容が異なるケースがあります。
応募の際は、どの部署に配属されるのか、部署ごとの業務内容、希望の部署で勤務できるのか、なども確かめる必要があります。
部署によっては車の免許が必要な場合もあるので、薬剤師の資格以外に必要なものも確かめておくことです。

MRなど営業関連の仕事の場合、会社によっては初めから飛び込み営業をやらなければいけないところもあるので、自分に向いた仕事なのか仕事内容をよく知ってから入社を決めるのも大事です。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談