どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

薬局で仕事する薬剤師の将来性と課題とは?

薬剤師が薬局で仕事する場合、将来性は?

薬剤師が勤務する場の一つ、調剤薬局は、保険診療にもとづいて医師の出す処方箋に従い、調剤を行うところで、保険薬局が正式名称です。

以前は、病院で薬が処方されていましたが、最近は病院で処方箋をもらい、薬局で薬をもらう、医薬分業が増えています。
これに伴い、調剤薬局の役割も増えています。

薬局は、処方箋に基づいた調剤のほか、一般用医薬品(OTC薬)の販売を通したセルフメディケーションの相談、さらに在宅医療にも取り組みながら、一般の人たちの健康と安全・安心の確保に努めるものです。

高齢化社会の進展に伴い、複数の慢性疾患を抱える高齢者も増えていますが、複数の医療機関に通院することで同じ薬が重複して処方されてしまう、重複投薬などの問題が増えています。

かかりつけ薬局を持つことで、薬の管理がきちんと出来れば、こうした問題も解消されます。
かかりつけ薬局として、高齢者に正しい薬の管理、使用方法を指導するのも大事で、薬局の薬剤師は今後もさらに役割が増えていくことでしょう。

調剤薬局は、一番身近な医療提供の場であり、今後は医療・健康ニーズに応える大切な存在となっていくのです。

薬剤師が薬局で仕事する際の課題とは

薬剤師の場合、例えば65歳定年としても、再契約を結んで仕事を続けることが可能です。
70歳で定年を迎えた人でも、仕事続ける人は結構多いようです。

また、自営で調剤薬局を営んでいる場合は、定年はなくいつまでも仕事を続けることが出来ます。

ただ、今後的には年齢に比例してのスキルも求められるようになるでしょう。
長く仕事を続けるのであれば、スキルアップも心がける必要があります。

調剤薬局は、毎日数多くの処方箋を処理するので、薬に関する幅広い知識が得られます。
また、仕事を通して患者や同僚とのコミュニケーション能力も身につきます。
こうした経験もキャリアアップに繋がり、高い信頼が得られる薬剤師を目指せます。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談