どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。

製薬会社の今後と、勤務する薬剤師の将来性は

製薬会社に勤務する薬剤師の今後は

薬剤師にとって製薬会社は、薬局、ドラッグストア、病院と比べても経営は安定していますし、他業種と比べても景気に左右されにくいものです。

日系企業の場合、大幅な収入アップは見込めませんが、安定した収入を得られます。
外資系企業だと、業績に応じて収入アップの可能性があり、MRなど、成果によって報酬が変動する職種だと、年収1000万円も可能です。

製薬会社でも、管理薬剤師、研究・開発、MR、治験コーディネーター(CRC)、医薬品情報管理業務(DI)と、会社ごとに業務は様々で、自分の興味や能力に応じた仕事を選択できるのも魅力です。

また、最新の薬事に触れることができ、自らが開発に携わることもあるので、スキルアップにも繋がります。

製薬会社の将来性と、薬剤師の役割

日本は、薬の特許は出願後20年間で、治験期間を含め、実際に新薬を独占して販売できるのは10年くらいとされています。
特許が切れた薬に関しても、2年に1度、薬の価格(薬価)が引き下げられることから、製薬会社は新薬を開発し続ける必要があるのが現状のようです。

大手製薬会社でも、売上の10~20%を研究・開発費に充て、今後的には創薬のための人材採用を行っていくようです。

しかし、製薬会社の薬剤師は、福利厚生、年収、仕事内容など魅力的が多い職場なので人気が高く、一方で求人数は少ないのが現状です。

ただ、どの企業も人材育成ができる管理職が不足していることから、薬剤師としてのスキルだけでなく、管理能力、マネージメント経験があれば有利となるみたいです。

また、パソコンのスキルも必須なので、マイクロオフィスプロフェッショナルの資格などがあるとアピールポイントとなります。
外資系の企業の場合、英語でも、やはりTOEIC平均750の英語力が求められます。

最近は、製薬会社同士の合併も増え、製薬業界の再編の流れはより顕著になると見られているので、企業の将来性を判断した上での選択も大事です。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談