どの店が一番高くブランド品を買い取ってくれるのかブランド別に調べてみました。
薬剤師求人サイト、転職エージェント ランキング 全国版 > 薬剤師転職のポイント > 製薬会社の薬剤師の平均月収、年収はどれくらい?

製薬会社の薬剤師の平均月収、年収はどれくらい?

薬剤師が企業で勤務する場合の年収は?

薬剤師が企業に就職する場合、就職先としては、大きく分けて製薬会社、医薬品卸会社、治験支援会社があります。

薬剤師の資格は必要ありませんが、薬剤師としてのスキルを活かせる職種としては、創薬や生産技術の研究、臨床開発、医薬情報担当者(MR)、安全性管理担当(PV)などがあります。

企業の薬剤師の年収は、企業の規模や職種によって大きく異なってきます。
また学歴によっても異なり、MRは学士以上の資格があれば応募できますが、研究職・開発職は、理系修士以上の資格が必要となります。

売上高上位10社の製薬会社で見ると、新卒初任給の平均は、博士で30万円くらい、修士で25万円くらい、学士で20万円くらいですが、これも配属される部署によって開きがあります。

医薬品卸会社の場合、年収はMS、管理薬剤師、DI業務の順に高くなり、大手3社で見ると、全体の平均年収は700万円くらいとなっています。
大手の治験支援会社(CRO)の場合、新卒で平均年収は350万円くらいのようです。

企業の薬剤師で企業で年収が高いのは

薬剤師の仕事でも、企業の場合、やはり営業関連の仕事が給与が高くなります。
MR(医療情報担当者)の場合、初任給でも30万円以上のところがあります。

ただし、営業の仕事となると、残業が多く、営業ノルマを課せられるなど、結構厳しい条件が多いのも事実です。

研究職でも、外資系の企業や、スキルを認められてヘッドハンティングされたのなら、年収1000万円以上も不可能では無いみたいです。
しかし、薬剤師にとっては狭き門でもあり、博士以上の学位が必要な企業も多くなっています。

こうしてみると、企業の薬剤師は、業種、規模、学歴、スキルなどで年収も大きく異なり、どれくらいの年収が見込めるか把握が難しいものです。
多くのプレッシャーやストレスの可能性もありますが、逆に、本人のやる気、向上心次第で大きな年収の可能性があると言えるでしょう。

ランキングベスト5はこちら

最新!人気記事ランキング

薬剤師のポイント

お悩み相談