転職成功ガイド | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2019年最新おすすめ全国版 | ファーマチャンス

管理薬剤師になるには?転職のコツや仕事内容などを徹底調査しました
薬剤師の役割は、働く場所や関係する法律、立場によっても異なります。中でも薬局の統括的な部分を担う管理薬剤師は、一般の薬剤師よりも広い視野をもって薬局を管理しなければなりません。薬剤師として成長していくなら、一度は目標にしたいポジションです。どんな仕事内容なのかメリット・デメリットも併せてご紹介します。 管理薬剤師…続きを読む

徹底調査!薬剤師になるための必要な資格やスキル、難易度とは?
薬剤師とは、医師が出す処方箋にもとづいて調剤し、服薬指導を行う「薬の専門家」です。人の命に関わる責任の重い仕事ですが、健康に貢献できるやりがいのある仕事でもあります。薬剤師は多様な働き方や職場を選ぶことができ、結婚や出産をした女性も仕事を続けやすいことから、女性に人気の職業のひとつとなっています。そこで、薬剤師になるた…続きを読む

諦めないで!50代からの薬剤師転職、成功の秘訣をくわしく紹介します!
50代は薬剤師としても多くのことを経験し、スキルを磨きあげている年代です。しかし転職市場では、50代の転職難易度が高いため苦戦する人も多く「転職したいけど不安」という声も少なくありません。 この記事では、50代の薬剤師が転職を成功させるコツや、転職が難しいといわれる所以について解説していきます。50代薬剤師の転職…続きを読む

薬剤師の未来はどうなる?薬剤師の将来性と生き残るコツ
さまざまな職業の中でも平均給与額が高く、将来性のある資格・職業としても一目置かれる薬剤師。しかし今、薬剤師の将来性を危惧する情報が多くなり、不安の声が高まっています。 「薬剤師の仕事はなくなるの?」という心配が起こる理由は何なのか、また、さまざまな変化に対応できる薬剤師になるためにはどうすればいいのか、考察してみまし…続きを読む

定年後も薬剤師として働くには?仕事を探すコツと注意点
50代後半に入ると、薬剤師として後どのくらい仕事を続けられるか考える人も多くなります。「定年を迎えたあとも働きたい」と考えているものの、実際に現役として採用してくれる就業先があるのかも不安です。 定年後に薬剤師として働くための仕事探しのコツや注意点には、どんなものがあるのでしょうか。生涯現役で働くためにも、知っておき…続きを読む

薬剤師を辞めたい…と思ったら読んでください。辞めるリスク、辞めないリスクをまとめてみました
薬剤師になり、夢をもって働きはじめても、職場の人間関係や勤務内容・収入などに不満を抱えて転職を考える人がいます。さまざまな耐え難い理由で薬剤師を継続できないことになれば、心身ともに疲れ果ててしまい、安定した生活は送れません。 「薬剤師を辞めたい…」と考え始めたら、まずは辞める辞めない双方のリスクを知っておく必要が…続きを読む

薬剤師ヒヤリハット!調剤過誤の原因と対策まとめ
薬剤師が最も注意しているのは、調剤ミスによる健康被害ではないでしょうか。薬は、正しく服用することで病気の治療に役立ちますが、誤った方法で服用してしまうと、副作用が現れる恐れがあります。場合によっては、生命に危険が及ぶ副作用が現れるため、十分に注意が必要です。 薬剤師の過失による調剤ミスを調剤過誤といいますが、その…続きを読む

派遣薬剤師は高収入って本当?いつまで働けるの?メリット・デメリットは?くわしく調べてみました!
薬剤師の働き方の中でも注目されているのが派遣薬剤師です。今見直されている働き方や給与面に関しても、メリットが多いと感じている現役薬剤師が増えています。 派遣薬剤師として働く「良し悪し」にはどんなものがあるのか、高収入という話は本当なのかを把握して、新しい働き方を見つめる機会にしてみてください。 派遣薬剤師とは?…続きを読む

ジェネリック医薬品が安い理由とは?成分はかわらないって本当?
薬剤師を目指している方は、先発医薬品とジェネリック医薬品の違いを知っておきましょう。医師の処方せんを持って薬局に行った際に、薬剤師からジェネリック医薬品をすすめられた経験がある方も多いのではないでしょうか。ジェネリック医薬品と先発医薬品は効果が変わらないと言われたけれど、本当なのか不安を感じている方もいるでしょう。 …続きを読む

製薬会社の薬剤師になるには?転職のコツや仕事内容などを徹底調査しました
製薬会社は薬剤師として働ける場所の中でも、研究や開発といったイメージが大きいもの。調剤をメインとする薬剤師とは違い、製薬会社の中でもさまざまな仕事内容があります。収入が高いイメージも大きいため、求人も人気があります。 この記事では、製薬会社の薬剤師の仕事や転職のコツをご紹介します。製薬会社で働きたい人は、仕事内容…続きを読む

免許はどう書く?薬剤師向け履歴書・職務経歴書の書き方(ケース別・志望動機例あり)
薬剤師として転職を考える際には、履歴書や職務経歴書が欠かせません。中には初めての転職で、履歴書を書くのも新卒以来という方もいるでしょう。 一般の企業と違い、薬剤師には薬剤師だからこその履歴書の書き方があるのをご存じでしょうか。履歴書や職務経歴書を準備したら、まずは記事を参考に各項目の書き方・書く際の注意点・志望動…続きを読む

無料の薬剤師求人サイトおすすめ5選を見る

薬剤師の転職を成功させるための5つのテクニック

この記事を読んでいる薬剤師の皆さんは、理由は何であれ、当然転職を検討していることだと思います。

どうせ転職するのなら、もう二度と転職する必要のない天職ならぬ、天職場で働きたいものですよね。新しい環境は何かとストレスにもなるし、絶対に天職場……いや、神職場に巡りあいたい!このページでは、そんな神職場に出会うためのノウハウをご教示します。

薬剤師転職はなぜ難しい?

結論から言うと、薬剤師の転職はほかの職業に比べたら楽です。製薬企業、薬局、病院、ドラッグストアなど働く職場も多彩にあるし、何しろ薬剤師の資格は国家資格。ただ、人によっては転職が難しいケースもあります。

まずは、コミュニケーション力が乏しい方。薬剤師の場合は狭い空間で働くケースが多く、患者さまやお客さま、スタッフとの距離感もごく近めです。コミュニケーション力が乏しい場合は転職先で改めて人間関係を築くことに躊躇してしまい、転職そのものを断念してしまう可能性もあります。

次に年齢の問題です。現在の職場にそこそこ満足している場合、あえて転職をする必要を感じないまま年齢を重ね、いざ転職したい! と考えた時にタイムリミット、という可能性も……。また、昇進目当てで転職そのものを検討せず、これまた年齢を重ねてしまうことも。転職先では一からのスタートとなるため、キャリアのある薬剤師であれば耐えることができないでしょう。もちろん雇う側にとっても若ければ若いほど扱いやすいし長く続けてくれる可能性が高いことは言うまでもありません。

これで転職成功!5つのテクニック

職業柄、転職が比較的容易いにも関わらず転職がうまくいかない薬剤師の方は、転職についてのノウハウを心得ていないからかもしれません。そのノウハウは実にシンプルなもの。下記にご紹介します。

①自分に合う職場を見極める

薬剤師の職場は、製薬会社、薬局、病院、ドラッグストアに大きく分けられます。それぞれ仕事内容も勤務時間もお給料も客層も異なります。転職成功を実現させるためには、自分が何をしたいのか、ではなく、自分には何ができるか、どんな職場が向いているのか、見極めるようにしましょう。例えば、接客が苦手な方であれば、さまざまな客層の対応をしなくてはならないドラッグストアでの勤務は向きません。品出しなどの業務も付随するため、体力的に自信がない人も難しいでしょう。自分の得手・不得手を見極めて、ブレのない転職活動を行うように心がけてください。

②転職サイトには複数登録が基本!

転職を検討する際にまずお世話になるのが転職サイト、という方は多いのではないでしょうか。その際に、1社だけに登録する、というのはオススメしません。なぜなら1社だけであれば求人数や職種も限られてくるからです。複数に登録しておけば、ほかのサイトとの比較もできますし、自分と相性が合うサイトも見えてきます。

ただし、あまり登録しすぎても電話やメールでの連絡が多くなり、現職に支障が出ることもあるので厳選するようにしましょう。
薬剤師専門の転職サイトも複数存在し、それぞれ強みや得意ジャンルが異なるため、口コミなどを参考に数社登録すれば安心です。

③悪いエージェントはお見限りでOK

転職サイトに複数登録したところで、中には会社や自分の業績を上げるために都合の良い求人を紹介してくるエージェントもいます。その結果、転職成功に至らないことも……。そうしたエージェントはお見限りで問題ありません。

では、良いエージェントと悪いエージェントはどうやって見極めたら良いのでしょうか。良いエージェントは親身になってくれるし、ちょっとした疑問についても答えてくれます。悪いエージェントでは、その場しのぎで返答することがほとんど、紹介してくれる職場についてもあまり理解がありません。転職成功のためには、悪いエージェントはさっぱり切り、良いエージェントとだけお付き合いすることが基本です。

④転職を希望している職場の情報収集は念入りに

良さそうな求人を見つけたからといってすぐ応募することはナンセンスです。もしかしてブラックな職場の可能性も!?とくに薬剤師は職場の人間関係で転職する方が多いと言われています。転職自体は成功しても、人間関係などの理由で病んでしまったら転職を繰り返すことにもなりかねません。確実な転職成功を掴み取るためには、転職希望の職場について事前&念入りに情報収集することがもっとも重要です。

公式HPをチェックするのは大前提ですが、概して良いことしか記載されていないものなのですべて鵜呑みにしないこと。効果的なのは、SNSや口コミなどで職場の評判を調べてみることです。匿名での書き込みのため、職場のリアルな姿を知ることができます。企業がツイッターやインスタグラム、ブログのアカウントを持っていたら、そこで働く従業員の素顔を見ることができるかもしれません。

また、転職エージェントに登録して、意見を聞くことも有効でしょう。薬剤師専門のエージェントであれば業界に精通しているため職場の良し悪しも分かっていれば、もし「悪し」だった場合にも対策をアドバイスしてくれます。
最後に、直接職場を訪れてみること。従業員や患者さま、お客さまの姿を実際に見ることで、なんとなく職場のリアルが見えてくるはずです。

⑤前の職場の悪口を言わない

薬剤師の業界はとても狭いものです。転職エージェントや面接先で前の(現在の)職場の不満を伝えてしまうと、あなた自身の価値が下がってしまうことにもなりかねません。
これは薬剤師の業界に限らずどんな業界においても言えますが、転職理由が前の(現在の)職場に対する不満であっても決して伝えない方が得策です。「同じ理由でまた転職するのではないか」「いつか悪口を言いふらされることになるのではないか」と危惧され、採用の可能性もグンと下がってしまいます。
とくに薬剤師の職場の場合、患者さまからの信用が命!前の(現在の)職場の不満を伝えるよりも、そこで得たこと、今後キャリアアップしたいこと、など前向きな転職理由を伝える方が得策です。

薬剤師転職のベストタイミングも知っておこう

通常、転職は年齢が上がれば上がるほど難しいとされています。薬剤師業界はあまり年齢のくくりはありませんが、それにしても若ければ若いほど転職は有利だというのが現実です。では、そのベストタイミングは?
結論から言えば、転職したいと思った時です。

ですが、できれば賢い転職のタイミングも把握しておきたいところ。
求人が多く出回る2~3月、9~10月はとくに狙い目です。むしろ、この時期を見送ってしまうと「がっかりタイミング」になってしまう可能性も!?この時期はこまめに求人情報をチェックするようにしましょう。
また、夏や冬のボーナスが出た後も転職のベストタイミングです。気持ちとお金に余裕があるので、焦らず転職活動ができますよ。

薬剤師の神職場は必ずある!出会うためには行動あるのみ

そろそろ転職したいなあ、と考える背景には何かしらの事情があると思います。転職を考えた時は、悩むよりまず行動に移してください。時間も年齢もタイミングも待ってくれません。いくら薬剤師が引く手数多の市場だと言っても、あなたを本当に必要としてくれる職場はいつまでも応募を待ってくれるわけではないのです。

手っ取り早く確実なのは転職サイトに登録して、情報を常に収集することです。「今すぐ!」転職したい方でも、「のんびり」転職したい方にも有効な情報を提供してくれますよ。
あなたが神職場に出会って薬剤師としての新しいステージを築くことを祈っています。